« データ 入力業務 IT関連 | トップページ | ファイル転送保存 »

2006年6月22日 (木)

音声ファイル化Audacityの利用

保存、転送は、音声ファイル常識化しよう!

Audacity カセットテープで録音したものを送る場合にAudacity(オーダシティ利用すると便利です。圧縮音声ファイルMP3が簡単にできます。「録音起こし」を依頼する方には、利用してもらいたいです。  おこしやす利用

Audacity_thumb_2_thumb_3_thumb パソコンで再生録音でき、ほとんどすべての形式が再生、書き換え可能。慣れると雑音の除去などもできます。上手に利用したら、手放せません。特に、私が気に入っているのは、録音中の音声波形が見える点です。

当社では、録音起こしテープ起こしを依頼する方が、カセットデープを宅急便で送る手間と費用を省くために、利用してもらっています。

無料でダウンロードして、パソコンにインストールすると、カセットの音源が圧縮されて(MP3ファイル)相手に送ったり、タックファイル便(ビッグメール)保存庫アップロードするのには便利です。

うまくダウンロード、インストールできない方は、Helpを求めてください。当社に「録音起こし」依頼される方には、添付でAudacityを送付も可能です。仕事が確実に1日分早く仕事ができます。安全、確実、格安が実現可能です。(うまくできない場合は、宅急便を利用してください)

方法1 ラジカセからパソコンに音源を移動する。

Earphone_1 Micpcラジカセからコードをラジカセ(イヤホン穴)につなぎ、パソコン(マイク穴)に差し込む。写真で見てください。これで接続はOKです。

ラジカセのテープを回し、パソコンから音声が出れば、成功したも同然。スピーカーから音声が出なくても。音声波形が出るから録音状況がわかる。

方法2 Audacity立ち上げ、音源録音を波形で確認する。

パソコンシピーカーから音がでなくても、波形が見えれば録音しているから、安心して待っていられる。

00023_1 00026 方法3 録音が終わったら、ストップを押し、録音をMP3ファイル化する。

編集フィールドに全体の波形が表示されます。波形の範囲を指定、「選択部分をmp3に書き出し」を選択し、名前をつけて保存。※lame-3.96.1がないとmp3に書き出しできない。waveファイルになる。

音声ファイルができれば、どこへでも送ることが可能である。

ソフトのインストールMp3ファイル化 説明

音声ファイルの作り方1  音声ファイルの作り方2  アップロード説明  一括説明  Audacity説明

|

« データ 入力業務 IT関連 | トップページ | ファイル転送保存 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64352/2326369

この記事へのトラックバック一覧です: 音声ファイル化Audacityの利用:

« データ 入力業務 IT関連 | トップページ | ファイル転送保存 »